Home » 美容 » 美肌・アンチエイジング » 【SPFとPAの意味】効果的な日焼け止めとは?
spf日焼け止め

【SPFとPAの意味】効果的な日焼け止めとは?

Pocket

日焼け止めの商品にはよくSPF30やPA+というような文字が書かれていますよね。
これは紫外線の防止の効果や日焼け止めの効果がどの程度あるかということを表しています。
 
とにかく日焼け止め効果が高いものを!と選びがちですが、効果が高いということはそれだけ肌への負担も高くなるということですので、使う時には注意が必要です。
 
今回は夏場の必需品「日焼け止め」についてです。

.

SPFは数字の数が多いほど日焼け止め効果が高い

 
spf
 
  • SPF30程度・・・
  • 日焼止めに表示されているSPFの数値が30くらいであれば一般的なものといえます。
    子供など肌の弱い方に使用するときは、このような一般的なものを使用するのが良いでしょう。
     

  • SPF50程度・・・
  • SPFが50くらいになると、かなり日焼け止め効果が高いので、海などに行く時にはこのような強いものを使った方が良いかもしれません。
    しかし、通勤など少しの外出であればSPF50の用な強いものを使うことはオススメできません。
    やはり肌への負担を考え、一般的な30程度の日焼け止めを利用したほうが肌にもやさしいのでよいでしょう。

 
またSPFの数字は日焼けするまでの時間をどれだけ延ばせるか?を表しています。
SPF1=約20分日焼けを防ぐとされていて、SPF30なら 30×20=600分(約10時間)日焼けを防いでくれるという意味になります。
 
※ただしあくまで表現としての数字ですので、正確ではありませんし、時間というよりは実際の防御力と考えた方がよさそうです。
 
 
 

PAは紫外線A波を防ぐ効果の表示単位

 
紫外線防ぐ
 
SPFは紫外線の中でもB波を防ぐ日焼け止めのタイプですが、PAに関しては紫外線A波をどの程度防ぐことができるかという表示になっています。
 
PA+のように表示されますが、このプラスが多ければ多いほど紫外線A波を防ぐ効果が高いと言われています。
 
そしてこの紫外線A波がシミやしわの発生にとても関係しているといわれています。
シミやしわに関係しているということは女性にとってはとても気になるところ。
SPFと同じようにPAについても気にして購入するようにしたいですね。
.

日焼け止めプラスα

 
日焼け止めと同時にUVカットの効果があるサンバイザーや日傘を使うことで、日焼け止めの効果があがります。
日焼け止めというのはどうしても汗をかいたりして、剥がれ落ちてしまうことがあります。
 
剥がれ落ちてしまったら、また定期的に塗らなければいけませんが、それだけでは十分じゃありません。
 
日傘などのアイテムを使ってん直接日光を遮るというのも、とても重要な紫外線カットの方法になります。
 
日傘
 
どうしても日焼け止めだけでは限界がありますので、まずは日傘など使って直接紫外線を肌に当てないということが大切になります。
 
 
市販の日焼け止めにはSPFやSPなどの日焼け止め予防の効果がどの程度あるか表示されているものがほとんどです。
この表示がどの程度かによって、日焼け止めの効果が高いのか、弱いのかがわかるようになっています。
 
しかし、あまり効果が高い日焼け止めというのは、肌の負担が大きいものがたくさんありますので、小さいお子様など肌があまりに強くないという方は一般的な日焼け止めを利用したほうが良いでしょう。
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*