Home » 美容 » ダイエット » ダイエットにはスクワット効く!効果や痩せるやり方は?
スクワットダイエット

ダイエットにはスクワット効く!効果や痩せるやり方は?

Pocket

TVで取り上げられるダイエット特集や、本屋さんに並ぶダイエット本の数を見るだけでもいかに日本人がダイエットに興味があるかがわかりますよね?
と同時にダイエットに成功していない人の数も多いってことでもあります(汗)
 
そこで、今回こそは!と意気込んでいる方にぜひ取り入れてもらいたいダイエット方法が「スクワット」なんです。

.

ダイエットが成功しない原因

 
ダイエット失敗
 
なぜダイエットしよう!と意気込んでもなかなか痩せることが難しいのでしょうか?
その最大の理由が、
  • 継続が難しい
  •  

  • 痩せてもすぐに元に戻る
という点ではないでしょうか?
 
ダイエットとは一時的に行うものではなく、健康的で美しい体型を維持し続けることもダイエットの一つだと思います。
そのためには、継続し続けられ、なおかつリバウンドしない方法を取り入れる必要があります。
 
 
 

スクワットのダイエット効果・メリット

 
スクワット効果
 
  • 筋力のアップ
  • 特に女性はもともと筋肉量が少なく、歩く歩数も少ない現代女性は足の筋肉が少なすぎます。
    スクワットは足や腹筋、お尻の筋肉が鍛えられるので効率的に筋力アップして痩せられる最大の方法ともいえ、
     

  • 代謝アップ・消費カロリー量アップ
  • 筋肉量が増えると筋肉がカロリーを消費してくれるため、消費カロリーや代謝もアップし痩せやすい体になります。
    特に全身の中でも最も大きな筋肉であるお尻の筋肉量が増えるため、大幅に基礎代謝を上げることができます。
     

  • ぽっこりお腹が引き締まる
  • 正しいスクワットを15回するのは腹筋を500回するのと同じ効果があるといわれています。
    結果、お腹周りがキュッと引き締まりぽっこりお腹解消にも最適です。
     

  • お尻が引き締まる
  • お尻の筋肉が鍛えられるため、引き締まった綺麗なお尻作りにも繋がります。
     

  • 女性らしいボディライン作り
  • 体重を減らすことにこだわって、ボディラインの美しさをついつい忘れていませんか?
    スクワットにはお尻、お腹を引き締めるとともに足も細くなる効果があります。
    そのためメリハリのついた女性らしいボディラインを作ってくれるのです。
     

  • リバウンドしにくい体作り
  • 食事制限などではなく、筋肉量を増やすダイエット方法ですので、脂肪燃焼力が上がり太りにくい体質になるためリバンドしにくい体を作れます。

※足が太くなるから筋肉をつけたくない!という方がたまにいますが、アスリートのように足が太くなるにはよほどの筋トレをしない限り不可能です。
むしろ脂肪分が減り、筋肉量が増えることですっきりとした足になりますよ。
.

痩せる!正しいスクワット方法

 
普段ストレッチや多少の筋トレをしている人も、なかなかスクワットを取り入れているという方は少ないかもしれません。
またスクワットは正しいやり方で行わないと効果が薄れますので、しっかりと次の方法を確認しておこうようにしてください。
 
 
正しいスクワット方法
 
1.足を肩幅程度に開き、手をまっすぐにピンと伸ばして立ちます。
(背中は丸めず、やや反り返るように背中にアーチを作ります)
 
2.できるだけゆっくると腰を落としながらしゃがんでいきます。
 
3.できれば太ももが床と平行(椅子に座っているような状態)のところまで落とし、そのまま3〜5秒程度止まります。
 
4.再びゆっくりと元の状態に戻ります。
 
5.ダイエット目的であれば、1日に15回のスクワットを2〜3セット行います。

筋肉量の少ない女性は最初からしっかり行えないかもしれません。
最初は無理することなく、できるところまで腰を落とし、また回数も10回など減らしておき、慣れとともに徐々に増やすようにしてくださいね。
 
 
 

継続することが何より大切

 
継続
 
例えばTVで「コンニャクが痩せる!」なんて特集があれば、次の日にはスーパーのコンニャクが無くなるという現象はよくありますよね?
ですが、その後も続けている人はどれだけいるでしょうか?
 
スクワットダイエットも何より継続性が大切です。
そのためにも「あ、今日スクワットやらなかった。。」とならないように、例えば朝ニュースを見ている時間に必ずやる。
例えば夕食を食べる前に必ずやる。
など完全に習慣化させてしまうことをオススメします。
 
スクワットなら15回を3セットやっても、数分程度で済みます。
どれだけ忙しい人でも1日数分の時間も取れないという人はいませんよね?
 
健康的に痩せて、美しいボディラインをいつまでもキープできるようにぜひダイエットメニューの中にスクワットを取り入れてみてはいかがでしょうか?

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*