Home » 病気・不調 » 立ちくらみの原因と症状 これって病気なの?
立ちくらみの原因と症状

立ちくらみの原因と症状 これって病気なの?

Pocket


しばらく座った状態から、さぁ、と立ち上がるとクラクラクラ、、、
立ちくらみを起こしてフラフラすることってないですか?
 
あぁ、、私貧血気味だから、、なんて簡単に考えるのは危険かもしれませんよ?
立ちくらみが病気の信号になっている場合もありますので、今回は立ちくらみの原因や症状をみていきたいと思います。

.

立ちくらみが起きる原因と症状

 
立ちくらみの原因
 
立ちくらみが頻繁に起こるという方は、このような原因が考えられます。
 
  • 低血圧である
  • 立ちくらみの多くの原因が低血圧にあります。
    特に「起立性低血圧」と呼ばれる、立ち上がった際に脳に血液が十分に届かなくなり
    酸素不足から立ちくらみを起こす方が多いです。
    食欲がない、疲れやすい、頭痛肩こりがひどいなどは低血圧の可能性大です。
     

  • 貧血
  • 血中酸素の濃度が低いために、低血圧と同じく脳に十分な酸素を送る事ができないため、
    立ち上がった際に立ちくらみが起こります。
     

  • 自律神経の乱れ
  • 血圧や心拍数、血液の流れ、体温、胃腸運動の調整など体内活動をコントロールしている自律神経が乱れると
    血液が下にたまりやすくなり、脳に行き渡りにくく立ちくらみが起こります。
    自律神経は、血圧計を用いて静かに寝ている状態での血圧と、立ち上がってすぐに測定した血圧の差が20以上ある場合は、
    自律神経が原因と考えられます。
     

  • 更年期障害
  • 更年期障害によりホルモンバランスが崩れると、自律神経が乱れ立ちくらみやめまいを起こしやすくなります。
     

  • 高血圧
  • 高血圧の方が血圧コントロールせずにいると、立ちくらみを起こすことが多くなります。

 
 
 

立ちくらみと病気との関係

 
心筋梗塞
 
では、立ちくらみと病気には何か関係があるのでしょうか?
低血圧や貧血は病気というよりは、体質や栄養との関係が深いため予防に努めれば改善できます。
 
  • 高血圧
  • 先述したように、高血圧はめまいや立ちくらみを招きやすく、場合によっては耳鳴りや頭痛を伴います。
     

  • 不整脈
  • 不整脈の方は息切れしやすく、立ちくらみやめまいが増えます。
     

  • 心筋症
  • 呼吸がしずらく、胸が痛いなどの症状を伴います。
     

  • 急性白血病
  • 激しい貧血、出血などを伴う場合白血病の疑いも。
     

  • 子宮筋腫
  • 生理痛や不正出血によって立ちくらみが起こる場合は子宮筋腫の疑いも。
    子宮筋腫は良性腫瘍ですので命には問題ありませんが、大きく成長していきますので
    対策が必要です。

.

立ちくらみを予防しよう

 
頻繁に立ちくらみが起こるという方は、生活の中で予防することが大切です。
 
  • 低血圧を治す
  •  
    味噌汁を飲む
     
    低血圧の方は食欲が沸かないため、朝食を抜きがちです。
    ですが、朝にお味噌汁をすするだけで良いので水分と塩分を摂取すると血中濃度が濃くなり予防できます。
     

  • 貧血を治す
  •  
    貧血とレバー
     
    貧血は病気からきている場合もありますが、病気でないなら多くの場合栄養不足です。
    特に鉄分不足が多いのでレバーやほうれん草、、魚や豆腐などの良質なたんぱく質などを
    意識的に摂取するようにしましょう。
     

  • 規則正しい生活を
  • 立ちくらみに大きく関わる自律神経の乱れは、不摂生な生活が原因になっています。
    健康な食事や程よい運動を意識づけて、自室神経を整えてあげましょう。
     

  • 自律神経を整える動作
  • 左手をまっすぐ伸ばして、その状態のまま左手の中指を右手でグッグと痛気持ちいい程度に手前に引きます。
    これは自律神経を整えストレスを解放する動作なので、定期的に行ってみましょう。
     

  • ゆったりめの服装にする
  • 身体を圧迫するきつい服装は避けるようにしましょう。
     

  • 血圧を上げよう
  •  
    ジョギングする
     
    軽いジョギングなどの運動やストレッチなどを行うと血圧が上がります。
    低血圧の方はぜひ運動を心がけ、逆に血圧を下げるタバコやアルコールは控えましょう。

 
 
立ちくらみはひどい貧血などの場合も多いです、しっかりと原因と対策を取りたい場合は
病院で血液検査を受けるなどの対策を行うことをオススメします。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*