Home » 美容 » 美肌・アンチエイジング » 話題の「炭酸水パック」効果と正しいやり方
炭酸水パック

話題の「炭酸水パック」効果と正しいやり方

Pocket

コンビニやスーパーで手に入る「炭酸水」は飲むだけでなく、美肌効果の高いパック剤になると評判です。
今、話題の炭酸水パックとは?どんな方法でやるの?などの疑問や声にお答えしていきたいと思います。

.

使う炭酸水とは?

 
ペットボトルに入った炭酸水は、ミネラルウォーターに炭酸を注入したものです。
他の炭酸飲料との違いは、砂糖が入っていないので「味がしない」点です。
そのままで飲むとやや苦みを感じる炭酸水は、甘いソーダが苦手な人やウェイトコントロール中の人、また日常の水分補給としても人気がありますね。
 
 
 

炭酸水パックの効果

 
炭酸水パック
 
  • 毛穴ケアができる
  • 炭酸の泡の効果で老廃物を除去でき、毛穴の黒ずみがすっきりします。
    また開きっぱなしの毛穴も炭酸の自然な刺激で目立たなくなります。
    特にパック後の小鼻周りの変化にぜひ注目してみてください。
     

  • 血行促進
  • 炭酸水パックはマッサージ効果もあります。
    通常、顔のマッサージはシワの原因になりやすいと言われていますが、炭酸水パックなら炭酸水を含ませたコットンを顔に乗せるだけなので大丈夫です。
     
    シュワシュワとした炭酸の柔らかい刺激で、ほどよいマッサージ効果を楽しめます。
    血行の改善は肌にとっては最大級にベストなこと。
    肌の潤いが保たれ、アンチエイジングにもつながりますよ。

.

炭酸水パックの正しいやり方

 
では、具体的にどのように炭酸パックすれぼよいのか、その手順についてお伝えしますね。
 
  • 炭酸水を買ってくる
  •  
    炭酸水選び
     
    コンビニやスーパーで炭酸水を買ってきます。
    この時注意しなければならないのは「砂糖入りでないか?」です。
     
    また焼酎を割って飲むための炭酸水も売られていますが、肌に付ける目的のためレモンやグレープフルーツなどの「フレーバー入りでないもの」を買ってください。
    添加物の無い、無味無臭の炭酸水なら大丈夫です
     

  • 顔をきれいに洗う
  • まず始めにメイクをしっかり落とし、洗顔から始めます。
    石けんやフェイスソープをよく泡立てて顔を包みこむように洗います。
    丁寧にすすいだあとは、清潔なタオルで軽く押さえるように水気を取ります。
     

  • コットンを用意し炭酸水を染みこませる
  •  
    炭酸水コットン
     
    ここではコットンを使った「炭酸水パック」を行います。
    コットンは数枚にはがして使えるタイプを用意してください。
    一枚のコットンを3枚くらいにはがして使いますが、顔全体を覆う枚数が必要です。
     
    目安としてはコットンを約3〜5枚くらい用意しましょう。
    そしてコットンをはがしていない状態で炭酸水を染み込ませます。
    たっぷりと染み込ませますがポタポタと垂れない程度にしてください。
     

  • 顔に貼りつけていく
  •  
    パックする
     
    炭酸水を染み込ませたコットンを指で開き数枚に分けながら、おでこ、頬、鼻、顎に貼りつけていきます。
    乾燥しやすい口の周りにはコットンを重ねて貼り付けましょう。
    シュワシュワと音を立てる炭酸が、肌に効いている感じがしてたまりませんよ。
     

  • コットンをはがし、アフターケア
  • 約10分ほどパックしたらコットンをはがしていきます。
    必ずコットンが乾く前にはがすようにしてください。
    炭酸水の成分は「水」ですが、気になる場合は水で洗い流してください。
    コットンをはがしたあとは、いつもの基礎化粧品を付けて肌を整えます。
    これで完了です。

 
 
 

炭酸水パックの注意点

 
炭酸水パックは泡だつ炭酸で美肌効果を生み出してくれます。
蓋を開けたら2〜3回で使い切りましょう。
使い切らず炭酸が抜けたあとはミネラルウォーターとして飲むこともできます。
いずれにしても開封後は冷蔵庫に保管してください。
 
編集長
 
一時大ブームとなったローションパックがさらにパワーアップした炭酸水パック。
効果をさらに持続させるためには「継続すること」が大事です。
週に2〜3度行うのがベストです。
炭酸水パックで、肌の状態がめきめき良くなるのを実感してくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*