Home » 病気・不調 » チクチク痛い!帯状疱疹の原因や症状 治療法
帯状疱疹原因

チクチク痛い!帯状疱疹の原因や症状 治療法

Pocket

からだの免疫力が落ちると発症するといわれる帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、赤い発疹と水ぶくれに加え、強い痛みがある皮膚炎のひとつです。
なにが原因でどんな症状なのか、分かりやすくまとめてみました。

.

帯状疱疹の症状

 
帯状疱疹症状
 
ある日ポツンとできた赤い発疹が日を追うごとに帯状にパラパラと広がり、神経に触れるようなイヤな痛みも増してきたとき「帯状疱疹」の疑いが濃厚です。
 
帯状疱疹の症状は水ぼうそうとよく似ています。
しかし大きな違いは帯状疱疹のほとんどが「左半身か右半身のどちらかに発疹が出る」ということです。
 
「胸からお腹にかけて」や「背中からおなかにかけて」などに加え「顔や頭」に出ることもあり、人により発疹が出る場所は異なります。
 
発疹の特徴は赤く膨れた発疹の中心に水ぶくれががみられ、服に軽く触れるだけでもヤケドのようなヒリヒリ感やチクチクとした痛みを感じます。
また軽い発熱がおきたり、脇の下、鼠蹊部などのリンパ節が腫れることもあります。
 
 
 

帯状疱疹の原因

 
疲れが原因
 
帯状疱疹のウィルスは外部からの感染ではなく、子供の頃にかかった水ぼうそうが影響しています。
 
実は水ぼうそうが完治したあとも体内の神経節にはウィルスがそのまま残っていることが多く、そのウィルスは疲労やストレスから免疫力が低下したときに活性化し、帯状疱疹として発症するとみられます。
また加齢により罹患率も上昇し、患者の7割は50代以上で80〜85歳以上の高齢者は2人に1人が発症するといわれています。
 
 
 

帯状疱疹の治療法

 
帯状疱疹の治療法
 
赤い発疹と水ぶくれが出てきたらすぐに皮膚科を受診しましょう。
帯状疱疹は早めに適格な投薬をすれば、活発になる前のウィルスを封じ込めることができ早期治癒が期待できます
 
忙しいからと受診を先送りにすると症状がひどくなるばかりでなく、帯状疱疹後神経痛という後遺症となり長く痛みが残ってしまうこともあります。
 
そして家庭での帯状疱疹の痛みに対する対処法は「温める」のがベスト
冷やすと痛みが増すこともあるので要注意です。
完治の目安は水ぶくれがかさぶたとなるくらいの時期で、痛みもほとんど無くなった状態です。
.

帯状疱疹は感染するの?

 
感染する
 
帯状疱疹は水ぼうそうにかかったことのない子どもに感染してしまう可能性があります。
帯状疱疹になったら、完治するまで小さい子どもや妊婦との接触は避けた方が無難です。
 
しかし帯状疱疹そのものは他の人に感染することはまれのようです。
また目の周囲に帯状疱疹が出たときは早急に眼科での受診を!視力障害や顔面麻痺が起きる可能性があります。
 
 
 

帯状疱疹の予防法

 
ワクチン予防
 
水ぼうそうのワクチンを接種することで免疫力が強化されるようです。
ワクチンを接種した場合、100%発症防止になるというよりも「発症率の減少」と「もし発症しても帯状疱疹後神経痛などの重症化を避けることができる」ことがメリットのようです。
 
 
 

帯状疱疹まとめ

 
帯状疱疹はストレスやからだの疲れがあるときに発症しやすいといわれています。
しかし一度発症すれば長くて約1カ月ほどで治癒し、再び発症することはないようです。
強い痛みも我慢せずに一日も早く皮膚科への受診をおすすめします。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*