Home » 美容 » トリートメントとコンディショナーの違いとは?
コンディショナー

トリートメントとコンディショナーの違いとは?

Pocket

 
このサイト(デュアルラボ!)をご覧になられている方は、恐らく?というか、皆さん毎日お風呂に入られているかと思います。
 
毎日湯船につからなくても、髪の毛は毎日洗っていますよね?
 
ひと昔前なら朝シャンなんて言葉もありましたし、特に夏場などは朝夕に2度髪を洗うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
当然髪の毛を洗う時はシャンプーを使うのですが、シャンプー後に使用する「トリートメントとコンディショナー」の違いってご存知ですか?
 
トリートメントやコンディショナーをしないと髪がゴワゴワになるからやるものでしょ? なんてざっくりした感覚の方には、ぜひ知っておいていただきたいところです。
 
特にカラーやパーマで痛みがちな髪の毛を守るためには大切です。
男性ならシャンプーだけで済ます場合も多々あるようですが、女性としてはしっかりとケアして、いつまでも美しい髪質を保ちたいものですよね。
 
そこで今回は、「トリートメントとコンディショナーの違い」と、どちらの方が髪に最適なケアなのか?についてお送りします。

.

トリートメントとコンディショナーの違い

 
基本的にはトリートメントもコンディショナーも、シャンプー後に髪の毛をケアし保護するものなのですが、それぞれに目的が少しずつ違ってきます。
 
【トリートメント】

キューティクルを整え、髪の毛の深層部にまでタンパク質成分を浸透させダメージ補修効果があります。
また髪表面をコーティングし、髪の毛の保護の役割を果たします。

【コンディショナー】

髪表面を有効成分でコーティングし、髪表面を滑らかにしツヤを与え、指通りを良くしサラサラにしてくれるもの。

 
トリートメントの方がより保護効果が高いといったイメージのようですね。
 
ちなみに、リンスもコンディショナーと同じく、シャンプー後に髪のすべりを良くするためのものとして説明できますが、
一般的にコンディショナーの方が髪を整える効果が高いとされています。
 
シャンプー自体にも、指通りをよくするコーティング剤(シリコン)が多少入っているのですが、基本的には髪や頭皮の汚れや油分を落とす役割です。
シャンプーだけではゴワツキが残ってしまうので、それをリンスやコンディショナーは滑らかにしてあげています。
 
そしてトリートメントは、滑らかにするプラス、髪に栄養素を与えケアを果たすといった役割があります。
 
 
 

トリートメントの方が髪にはよい?

 
トリートメント
 
実際美容業界では、トリートメントもコンディショナーも究極を言うと、髪にとっては両方共に良くありません
 
今では自然派由来の、、と、とにかく髪に良いイメージをもたせたり、美容室ではカラー後の痛みを保護する、、など様々な説明がされると思いますが、
本当のところは“強引にツヤを出すコーティング剤”、つまりは薬剤ですので、髪や頭皮にとっては自然な事ではなく、かなりの負担をかけています。
 
ただトリートメントやコンディショナーをすることで、一時的にツヤ髪に見えたり、サラサラにはなるため髪がキレイになったと思うのです。
言い換えればノーメイクの髪に一時的にメイクをしているだけで、根本的な解決にはなっていないというのが答えになってきます。
 
 
ですが、シャンプーを使うならその後髪を整えたいですよね。
 
よくシャンプー ⇒ トリートメント ⇒ コンディショナー と3種類使われる方もいますが、これはさらに髪や頭皮に負担を掛けるだけです。
 
トリートメントにも髪を整える成分は入っていますので、栄養素を送り込むトリートメントだけで十分です。
また、本当に髪に負担をかけたくないと思われる方は、化学合成剤やシリコン、石油関係の入っていない無添加トリートメントが最適です。
.

使う時の注意点

 
  • 毛先にのみつける
  • 毛穴にトリートメントが付着すると、化学成分が毛穴内に浸透し、毛穴づまりを起こしフケやかゆみの原因になります。
    また垂れてきたトリートメントが顔などに付くと、皮膚を傷めたり、特にニキビの方には悪影響を及ぼします。
     
     

  • しっかりと洗い流す
  • これはよく言われている事だと思いますが、必ず丁寧に洗い流しましょう。
    中には多少残っていた方が効果があるという方もいますが、サラサラ感はやや残る?かもしれませんが、髪には間違いなく悪影響です。
    ちなみにトリートメントを付けてしばらく放置した方が浸透力があるというのはほとんど意味がありません。
     

  • オーガニック系の商品を使う

  • これは少し先述しましたが、なるべく化学合成剤などの使用が少ないオーガニック系のトリートメントの使用をおススメします。
     
    オーガニック系をあまり好まない方の傾向として「即効性がない」というイメージがあるようです。
    確かに他の製品と比べてコーティング剤が少ない等の理由から、ツヤが出にくかったりもするのですが、これは単純に時間の問題で、
    即効性こそなかったとしても、使い続ける事で髪の毛自体が本来の健康を取り戻し、徐々にツヤがでてきます。

 
 
髪の毛の美しさは肌の美しさを作る過程と良く似ていると思います。
 
表面上だけの美しさではなく、芯(コア)から健康なツヤ髪を目指すことが時間はかかりますが、将来的に年齢を重ねても美しい髪の毛を持続することができるのです。
 
ぜひ一時しのぎのツヤ髪ではなく、自身の髪の力を蘇らせるには?というところをテーマに毎日のケアもされてはいががでしょうか?
 
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*