Home » 美容 » ダイエット » 【焼酎やウイスキーのカロリー】ダイエット向けのお酒とは?
太らないお酒

【焼酎やウイスキーのカロリー】ダイエット向けのお酒とは?

Pocket

よしダイエットしよう!と意気込んでも、なかなか普段の生活習慣を直すことって難しいですよね?
特に毎晩お酒を飲んでから眠りについている習慣がある人や、会社の付き合いで飲むことが多い場合なかなかダイエットが進めないことも多いです。
 
筆者自身、お酒好きなこともありついつい眠る前に飲んで寝るという習慣が一時ついてしまったのですが、やはり飲んでいる時期と飲まない時期では体調や体型に大きな差がでていました。
 
普段の体調管理はもちろん「痩せたいな、、」というダイエット期間中はお酒断ちすべきなのですが、お酒好きな人のためにダイエット中に切り替えたいお酒をご紹介したいと思います。

.

焼酎の種類

 
焼酎ダイエット
 
焼酎のカロリーを調べる前に、焼酎の種類を知っておく必要があります。
 
甲類・・・糖蜜やトウモロコシなど穀物を原材料とし。連続式蒸留機で蒸留された焼酎。
 
乙類・・・単式蒸留機で蒸留され、麦・芋・ソバ・黒糖など原料や種類も豊富。
基本的にこの2種類が焼酎の大きな種類として分けられます。
 
 
 
 

焼酎のカロリー数は?

 
焼酎カロリー
 
では、焼酎のカロリーはいくつあるのでしょうか?
 
甲類焼酎・・・206Kcal
乙類焼酎・・・150Kcal
※100gあたりのカロリーになります。
麦や芋など種類での差はほぼありません。
甲類焼酎はもともと割ることを基本としていることもありカロリーが高めです。
乙類はロックやストレートで飲まれる焼酎といったイメージですね。
 
また、ロックではなく甘いサワーやカルピスなどで割っている場合、さらにカロリー追加されてしまいます。
例:カルピス巨峰サワー(245Kcal)
ですので、極力割る場合は水やウーロン茶にすることをオススメします。
 
 
 
 

ウイスキーのカロリーは?

 
ウイスキーのカロリー
 
続いてウイスキーのカロリーですが、
  • ウイスキーカロリー・・・
  • 237Kcal(100mlあたり)

となっています。
※ブランデーも同じカロリー数です。
焼酎と比べると若干カロリーが高くなっていますね。
 
 
 
 

他のお酒のカロリー数は?

 
お酒カロリー
 
では、焼酎やウイスキー以外のお酒のカロリーはどうなっているのでしょう。
すべて100mlあたりで計算しています。
 
・ビール40Kcal
・日本酒107Kcal
・梅酒156Kcal
・ジン284Kcal
・ワイン 73Kcal

おや?ほとんどが焼酎やウイスキーよりもカロリーが低いじゃないですか!?
これはどういうことなのでしょう。
.

焼酎とウイスキーがダイエット中にオススメな理由

 
ダイエット中のお酒
 
他のお酒と比べてカロリーの高い焼酎とウイスキーがなぜダイエット中にはオススメなのでしょうか?
 
  • 度数が高いので量が飲めない
  • 確かにカロリー数は高くみえますが、ビールをごくごく飲んでいるのと同じ量のウイスキーをぐびぐび飲むことができますか?
    そう考えると缶ビール2本飲むよりも、アルコール度数の高いウイスキーを適量飲んでいる方が酔いは同じでも圧倒的にカロリーは低くて済むのです。
     

  • 糖質が無い
  • 近年何かと話題の「糖質ダイエット」。
    ご飯や麺類などに含まれる糖質をカットすることで太らせないというダイエット方法ですが、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒には糖質は0g、つまりありません。

 
それに比べてビールは100mlあたり10,9g、日本酒は8.1g、ワイン1.5g(赤)2.0g(白)と糖質が含まれています。
また糖尿病の原因にもなるビールに多いプリン体も焼酎0mg、ウイスキー0.1gと限りなく少なくなっています。
 
 
 
 

お酒自体よりもおつまみで太る

 
おつまみ太る
 
お酒自体にも当然カロリーがありますが、アテとしておつまみを食べることで人は太っているといわれるほど、飲んでいるときは満腹中枢がアルコールではっきりしていないため、お腹が空いていないのに食べてしまう傾向にあります。
 
ダイエット中であれば「食事中の晩酌はしない」「飲むときはおつまみを食べない」と決めて飲むようにしましょう。

 
 
 
 

痩せたいなら飲まない

 
お酒飲まない
 
焼酎やウイスキーがダイエット中にはおすすめですよ、、と説明してきましたが、やはり本気で痩せたいならお酒を飲まないようにすることが一番です。
カロリーが少ない、糖質が無いといってもアルコールを摂取するとテストステロンの反応が鈍くなり筋肉の成長が低下します。
すると筋トレやジョギングなど運動をしていてもなかなか痩せる体作りができない結果になるのです。
 
またいくらカロリーが低いといっても他のお酒と比べると低い・・というだけです。
少量ならよいですが、たくさん飲んでいると皮下脂肪に変わってしまいます。
 
男性ダイエッターの悩みの一つ、ぽっこりお腹がなかなか解消できないのはこのためです。
 
 
 
 

まとめ

 
筆者自身、ジョギングや筋トレで体を絞ろうと努力しても、ぽっこりお腹だけがどうしても改善されませんでした。
そこで毎晩飲んでいたお酒(焼酎かウイスキー)を止めたところ、短期間でお腹の張りがなくなった経験があります。
 
もちろん外でのお付き合いや友達との飲み会は楽しく飲むべきですが、本気でダイエットに集中するなら自宅でのお酒を1度断ってみるのもおすすめですよ!
 
同じお酒好きとして楽しみが減る・・という気持ちもすごくわかりますが、翌朝も気持ち良く起きれ体調も良くなるので、ぜひ試してみられてはいかがでしょうか?

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*