Home » 病気・不調 » お尻が痛い!足がしびれる!坐骨神経痛の改善法
坐骨神経痛改善

お尻が痛い!足がしびれる!坐骨神経痛の改善法

Pocket

お尻の筋肉に痛みを感じることはありますか?
痛みだけでなく足のつま先にしびれが出たり、筋肉の奥に何かが引っかかっているような違和感を感じることもあります。
 
これらの症状がある方は「坐骨神経痛」の可能性が高いです。
今日は、お尻の筋肉の痛みについての疑問にお答えしていきたいと思います。

.

お尻が痛い・足がしびれる原因

 
足がしびれる原因
 
お尻や太ももに痛みや違和感があったり、足にしびれがある場合、「坐骨神経痛」が疑われます。
 
坐骨神経痛の痛みは、お尻の奥にチクっと感じる鋭いものから、歩くたびに足の付け根に感じる違和感までさまざまです。
その違和感を例えて言うならまるで「ネジや蝶番(ちょうつがい)が外れそうな不快感」といった感じです。
 
これにしびれが加わった不快感は言葉にしがたいものがありますよね。
そのしびれを起こしている原因が「坐骨神経」と呼ばれる、「お尻〜膝を通りつま先まで」通っている長く太い神経です。
 
 
 

歪みと坐骨神経の関係

 
骨盤の歪み
 
坐骨神経痛による足のしびれは片足だけに出ることが多く、この点だけみても坐骨神経痛は「からだが左右のバランスを欠いている状態」であることが読み取れます。
 
全身の中心部である腰周りにゆがみが起きると、体重の分散にも偏りが起き、ますます腰に負担がかかることになります。
その結果、疲弊しパンパンに張った筋肉が神経を圧迫し「足のしびれ」として感じるようになるとみられます。
.

お尻の痛みへの対処法

 
まずはお尻のハリを取ることが先決ですので、マッサージを受けてお尻のハリをほぐしましょう
受けたあとはお尻や腰が軽くなるので、少し楽になるはずです。
 
ヨガで柔らかく
 
お尻の筋肉がほぐれたあとは、膝を抱えるストレッチなどをしてお尻の柔らかさをキープしてください
その他、股関節や足のストレッチを日常的に行うようにすれば、必然的にお尻の筋肉も伸ばされ血行が良くなります。
 
また下半身を主体とした「ヨガ」も効果的です。
ストレッチやヨガを習慣にすれば徐々にお尻のハリが気にならなくなりますよ。
.

坐骨神経痛の改善法

 
ここでは、日常的に気をつけたい坐骨神経痛の改善法に絞ってお届けします。
 
  • 腰の筋肉を固めない・負担をかけない
  •  
    筋肉固めない
     
    デスクワークで座りっぱなしの毎日が続くと、お尻の筋肉の内部では「血流の滞り」が起きています。
    筋肉は動かさないでいるとそのまま固まってしまう性質があります。
    勤務上ジッと作業をするのはやむを得ないことですが、定期的に立って歩くなど足を使う機会を増やしましょう。
     

  • テニスボールでお尻のコリをほぐす
  •  
    お尻のコリほぐし
     
    あまりにもコリがひどいお尻には、セルフマッサージがおすすめです。
    1.まず床か、固めの布団の上に仰向けに寝ます。
    2.片方のお尻の下にテニスボールを置き、体重を調節しながら圧をかけます。
    3.痛気持ち良さを感じる程度にコロコロと動かしほぐしてみてください。
    体重で負荷をかけマッサージするのでカンタンにお尻の筋肉がほぐれますよ。
     

  • 歪みの解消にスクワット
  •  
    スクワット
     
    左右の足の長さが違うことも坐骨神経痛の原因の一つです。
    スクワットにより足腰の筋肉を鍛えると、歪みも改善し自然にお尻の痛みが解消していきます
    初めは10回程度に挑戦し、少しずつ回数を増やしていってみてください。
     

  • ストレッチを日常的な習慣に
  •  
    日常的なストレッチ
     
    お尻の筋肉を伸ばすストレッチを朝晩、寝床で行うように習慣づけましょう。
    筋肉は動かさないとすぐに固まりますが、普段から動かすようにすればどんどん柔らかくなる性質があります。
     

  • 猫背を治す
  •  
    猫背治す
     
    「お尻の筋肉と猫背」はなんら関係がなさそうですが、実は姿勢の問題は体のあちこちに影響を及ぼします。
    猫背は百害あって一理なし。
    ちょっとした工夫で猫背の改善は可能で「顔を上げ、アゴを引くだけ」でからだの重心が整います
    改善した姿勢を保持するようにすればからだへの負担が激減しますよ。

 
 
 

まとめ

 
体の痛みやしびれはからだの危険信号とみてください。
即、命にかかわるようなことではありませんが、からだのゆがみは内臓にも負担がかかります。
また痛みからくる不快感はストレスにつながりますから、早めのケアで一刻も早くからだをラクにしてあげましょう!

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*