Home / ライフ / 生活の知恵 / 冠婚葬祭 / お葬式 お通夜の服装は?男性・女性別に解説
葬式通夜服装

お葬式 お通夜の服装は?男性・女性別に解説

Pocket

 
大人になればなるほど悲しい事ですが、お葬式やお通夜に足を運ぶ機会も増えてきます。
親類であったり会社の上司であったり、生前に何かのご縁で繋がりお世話になった方々に感謝を伝え、相手のご冥福を祈る場がお葬式やお通夜です。
 
ですが、お葬式やお通夜ってどんな服装で行けばいいのか・・と少し不安になりませんか?
 
結婚式などおめでたい席であれば、少々外した服装をしていっても自分がちょっと恥ずかしい思いをするだけで済みますが、お葬式やお通夜に来る参列者はみんな神妙な面持ちで来られるので、場違いな服装をしていく事ほど恥ずかしいことはありませんよね。
 
学生時代であれば「学生服」という手段があるので簡単ですが、大人ではそうはいきません。
喪に服している身内の方や親類の手前、マナーに沿った服装をしなければ大変失礼になるのではないかと思います。
 
そんなお悩みを解決するべく、今回はお葬式・お通夜での服装について男性・女性別に解説してみました。

.

お葬式・お通夜における服装マナーは?

 
お葬式やお通夜といえば、テレビでも良くみかける黒い服を着ていけばいいんでしょ?
で、なんとなくカジュアルじゃなければ、、というざっくりしたイメージじゃないでしょうか。
 
実際はもう少しルールがありますので、しっかりとマナーを守るために、お葬式とお通夜の男女別の服装をご紹介します。
 
 
 

お通夜での服装について

 
※お通夜は親類や故人と親しかった知人らが葬儀の前の日に「急いで駆けつける」という意味があります。
 
ですから、急いで駆けつけるので地味な服装であれば特に普段の服装でも問題ありません。
特に女性の方は参列者のおもてなしに忙しく動き回る場合もあるので、少し動きやすい格好が良いかと思います。
 
ですが、亡くなられてから数日経っていたりと、着替える余裕がある場合は葬儀と同じくブラックフォーマルの着用が通常です。
 
【男性】
 
葬式服装男性
・ダークスーツ(黒、グレーや紺など)
・シャツ(白やグレーなど目立たないもの)
・黒や地味めな色のネクタイ
・黒の靴下
・黒の革靴
 
【女性】
 
葬式女性服装
・スーツやワンピース(黒、紺、茶など地味なもの)
・黒の靴
・生足は避け、黒か肌色のストッキングを履く
・夏場でもできるだけ肌の露出は避ける
.

お葬式(告別式)での服装について

 
お葬式はお通夜よりも当然厳格に、ブラックフォーマル着用の上、参列します。
お葬式・告別式はお通夜と違い例外はほぼ認められません。
場違いな服装は身内の方に失礼になりますので、最低限のマナーを心得た上で参列しましょう。
 
【男性】
(服装)
・黒のダークスーツ(ダブル、シングルなどは何でもOK、光沢のあるものは避ける)
・白シャツ(夏でも長袖)
・黒のネクタイ(無地、ネクタイピンもできれば無しで)
・黒の靴下(無地)
・黒の革靴(エナメルなど光沢のあるものはNG)
 
(バッグやアクセサリー類)
黒やこげ茶など地味なビジネスバッグは可。結婚指輪以外のアクセサリーはつけない。
 
【女性】
 
お通夜女性服装
 
(服装)
・スーツやアンサンブル、ワンピース(黒、シンプルなもの、ノースリーブはNG、夏場でも五分袖のものを)
・黒の靴(パンプスがベスト。エナメル質のものやミュールなどヒールの高いものはNG)
・黒のストッキング
※冬場のコートも黒など地味なものを選び、毛皮など殺生をイメージするものはNG。
 
(髪型・メイク)
そのままおろしておくか、シンプルに髪をまとめる。(派手なスタイルはNG)
派手なメイクはせずにナチュラルメイクを心がける。マニキュアは派手なものでなければOK。
 
(バッグやアクセサリー等)
小さめの黒のバッグなど(殺生をイメージする製品やショルダーバッグは避ける)
結婚指輪以外の光るアクセサリーは避ける、ただしパールのネックレスはOK(ただし二重ネックレスはNG)
香水は控えめに。
 
また、冬場は男女ともに着るであろうコートも黒など地味なものを選び、毛皮など殺生をイメージするものはNGです。
そして、コートは受付段階から脱いでおくようにしましょう。
冷え性な女性の方は、黒のカーディガンであれば大丈夫ですので一枚はおっておいても問題ありません。
 
 
 

忘れずに用意しておくべきものは?

 
  • お香典(ふくさ)
  • 香典は袱紗(ふくさ)と呼ばれる布や入れ物に包んで持参します。
    男性ならスーツの内ポケットに入れておき、女性ならバッグに入れておけば大丈夫です。

  • 数珠
  • ※数珠は受付の時から左手に持って入ります。

  • ハンカチ(ハンカチは白の無地のもの)
 
 
お葬式やお通夜での服装選びは少し難しいかもしれませんが、故人の身内に迷惑を掛けないように、最低限のマナーだけを守れば大丈夫だと思います。
 
大人のたしなみとして、もし使えそうなスーツやワンピースが無いという方は、いざという時に慌てずにすみますので、一着用意しておいた方が良いかもしれませんね。
 
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*