Home / ライフ / お金 / ふるさと納税のやり方を詳しく解説!

ふるさと納税のやり方を詳しく解説!

Pocket

「ふるさと納税」は、以前からたびたびメディアを賑わせていますが、あなたはもうトライしてみましたか?
「寄付金を収めると、想像以上に豪華な返礼品がもらえるみたい。
「でも具体的にどうやればいいの?」という声にお応えし、その詳細について詳しくご紹介します!

.

ふるさと納税とは

 
ふるさと納税とは
 
簡単に言うと「自治体への寄付」を「ふるさと納税」といいます。
寄附金の使い道を納税者が選ぶことができる自治体もあり、その形式は年々多様化しています。
 
 
 

ふるさと納税の特徴

 
  • 税金の控除対象になる
  • ふるさと納税の寄付金の中から、原則として2,000円を越える金額について一定の上限までは、確定申告により所得税と住民税から控除を受けることができます。
     

  • 寄付する自治体を選べる
  • ふるさと納税の行う多くの人は「自分の生まれ故郷へ寄付する」傾向があります。
    「愛着ある地元に寄付金を送る」ということは自然の流れですよね。
    しかし実際には、返礼品の内容そのものに魅力を感じることで該当する自治体に納税する人が激増していることも確かです。

 
 
 

ふるさと納税のやり方

 
ふるさと納税やり方
 
では、具体的にどのような方法でふるさと納税が行えるのかやり方をみてきましょう。
 
  • 1.まずは総務省ホームページをチェック!
  • こちらのページで納税する自治体を選びましょう。
     

  • 2.自治体をチョイス
  • 自治体の数はかなりあるためとても悩むところです。
    寄付金と返礼品の内容も比較検討しながら、じっくり選んでください。
     

  • 3.寄付額と返礼品を選ぶ
  • 寄付金の金額を決めると同時に、金額に応じた返礼品を選びます。
     

  • 4.寄付金納付はクレジットカード決裁も可能
  • 寄付金は銀行振込や現金書留、自治体窓口からの払い込みのほか、クレジットカードやネットバンキングなどからも納付できます。
    詳しくは各自治体の公式ホームページを参照してください。
     

  • 5.返礼品が届く
  • 返礼品が届くまでの期間は、商品の委託業者や自治体によって異なります。
    いずれにしても到着まで約1〜3週間ほどみておきましょう。
    また納税証明書も届きますので、確定申告のために大切に保管しておきましょう。
     

  • 6.寄付した翌年に確定申告を行う
  • 寄付金は税金控除対象となるため、忘れずに翌年の3/15までに税務署で確定申告を行いましょう。

.

ふるさと納税のメリット

 
メリット
 
  • 税金対策
  • 一番のメリットが税金対策です。
    元々「寄付」というアクションは確定申告において控除の対象でした。
    しかしふるさと納税は、今までの寄付がさらにポジティブで分かりやすいものであることから、世間一般に広く受け入れられ今やメジャーなものとなりました。
     

  • 返礼品
  • 自治体により返礼品に異なる特色があるため、大きなメリットが期待できます。
    地元の特産品や名物に特化することで、地元の業者も経済的に潤うメリットに加え、その価格帯も極力抑えることができ、一石二鳥といえます。

 
 
 

ふるさと納税のデメリット

 
デメリット
 
  • 特産品がいつ届くかわからない場合
  • 商品によっては人気の高さから配送が半年後になる場合もあります。
    また配送日の指定ができないことがほとんどで少し不便な一面もあります。
     

  • 自治体によっては赤字となるところも
  • 自治体によっては魅力的な特産品を用意するために、やむなく寄付金を特産品取得に使ってしまうことがあります。
    本来の税収が大幅に減ってしまうため、結果的に赤字となってしまいます。

 
 
 

まとめ

 
*ふるさと納税は地元生まれでなくてもその地域の自治体へ申し込める
*総務省ホームページで自治体を選び、寄付金を納付する
*希望の返礼品が送られてくる
*人気商品は配送までに時間がかかる場合がある

税金対策に加え、返礼品の特典はとても魅力あるシステムです。ぜひ一度「ふるさと納税」にチャレンジしてみてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*