Home / 未分類 / 知ってた?イライラする本当の原因と解消法
イライラの原因と解消法

知ってた?イライラする本当の原因と解消法

Pocket

大小様々ですが、忙しい毎日を送っているとイライラしてしまう、、という感情は多くの人が感じていると思います。
中にはそのイライラを抑えられず、人や物に当たったり体調にも影響することもありますよね。
今回はそんなイライラや怒りの原因をさぐり、対処法についてご紹介します。

.

怒りやイライラが生まれる仕組み

 
イライラと脳
 
感情は脳が生み出すもので、怒りが湧きあがってきたときの脳内では、ある変化が起こると言われています。
殴られるなどの危害を加えられたときに、もっとも速く反応するのが大脳辺縁系というところです。
これは、人間以外の動物にも共通の原始的な脳の働きです。
この辺縁系では複雑なことは考えず、殴られたからカッとなるというような単純な反応を起こします。
 
これに対し、大脳皮質という部分は理性的な脳で、ゆっくりとした反応が起こります
たとえば、「人を殴るのはダメだ」「上司だから反抗できない」などといったことを考えられるため、衝動的な行動を抑えられるのです。
つまり、怒りに関して辺縁系はアクセル、皮質がブレーキの役割を果たしているのです。
 
 
 

イライラする理由は◯◯不足にある?

 
イライラ原因
 
意外と知られていませんが、イライラしているときの一番の理由は、なんと酸素不足と言われています
感情が高まっているときや不安が強いときは、皮質に酸素が不足していて窒息状態であることが実験で証明されたそうです。
 
ブレーキである皮質が不能なら、怒りがどんどんエスカレートしているのは無理もありませんね。
抑えられないイライラのときこそ、他に何も考えられなかったり周りの状況が見えなくなってしまった経験はありませんか?
それこそが酸素不足になっていた証拠です。
 
イライラがどうにもならないと感じたら、まずは深呼吸をして脳に酸素を送りましょう
意識してゆっくり何度も深呼吸することがポイントです。
.

軽いイラッは3秒で解消!

 
日常生活では、ちょっとしたことにイラッとすることがたくさんあると思います。
そんなときは、まずは深呼吸をしましょう。
 
深呼吸
 
3秒間深呼吸をするだけで、軽いイライラは治まるでしょう
他にも、シチュエーションを変えることも有効です。
職場や家でイライラしたなら、外に出て新鮮な空気を吸うことでリフレッシュできます。
 
また、「青い海」「緑の木々」など自分が安心やリラックスできる画を頭でイメージしながら深呼吸をするとより効果的です。
 
 
 

しつこいイライラへの対処法

 
呼吸でも治らないイライラには3秒だけ怒るようにしましょう。
どうしても発散できないイライラは必ず出てきます。
これを溜め込んでしまうといつか爆発してしまったり、体に不調をきたしたりと良いことはありません。
 
そんなときこそ、怒りを小出しに出してストレスを抜いていくことが重要になってきます!
 
怒り
 
ポイントは3秒間怒ることに集中することと、言葉を選ぶこと
イライラする気持ちをそのまま言葉に出すと、相手にも自分にも不快感が残ります。
自分のためにもワンクッション入れて、なるべくマイナスな言葉や否定語を使わずに、「なぜイライラしたか?」をやんわり伝えるような怒り方をしましょう(それも数秒だけ)。
 
いかがでしたか?
仕事や子育てでイライラすることはたくさんあると思いますが、工夫次第でぐっと軽減できるかもしれません。
ぜひ活用してみてください。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*