Home / ライフ / 人間関係 / 迷惑な騒音トラブルを回避する対処方法
騒音トラブル対処法

迷惑な騒音トラブルを回避する対処方法

Pocket

仕事が超多忙だった日や、イヤなことがあった日。
心身共にくたくたに疲れた時こそ一刻も早く家に帰りたいものですよね。
 
私たちが一番「ホッ」安らげるスペースが「我が家」です。
しかし心から落ち着けるには「条件」があります。
それは「静かなスペース」が確保されていること。
とはいえ、少なからず起きる可能性があるのが「騒音トラブル」です。
 
できるだけ避けたい騒音トラブルですが、もし巻き込まれてしまったら?回避する方法は?面倒で厄介!でも解決しなければ!
そんな騒音トラブルについて検証します。

.

こんな騒音に迷惑していない?

 
騒音迷惑
 
  • 子どもの騒音
  • 子どもの走り回る音や、高いところから「どすん」と落ちる音。
    泣きわめく声や子どもを叱る声。子どもがいる家庭の騒音は静かにしていたい人にとって迷惑極まりないものです。
     
    自分にも子どもがいれば「仕方がない」と思って多少ガマンできますが、そうでない場合はストレスは最高潮。
    我慢に我慢を重ね、そのストレスから頭痛が起きる毎日です。
     

  • ケンカする声
  • 家庭の事情はそれぞれと分かっていても、たびたび激しいケンカのような騒音が聞こえるとまったく関係ない我が家も殺伐とした雰囲気になってしまいます。
     

  • 楽器の練習や意味不明な音
  • 楽器の練習もストレスに感じる騒音となります。特にピアノは上手に弾いてくれればまだ良いのですが、そうでない場合は苦痛でしかありません。
    また原因が何なのか分からない騒音も大変なストレスとなってしまいます。

 
 
 

騒音問題を解決する対処法

 
騒音対処法
 
  • 直接伝えるには段階があると知る
  • 直接「うるさい!」と伝えるのはちょっと待って!
    そもそも相手は「うるさくしているつもりはない」と思っているかもしれません。
     
    あれだけうるさく騒いでいるのに「うるさくしている実感がない」とは、ちょっとショックですよね。
    そんな相手に対し、いきなり怒ってもビックリさせるだけです。
     
    敵に送る挑戦状のように思われないよう、できるだけやんわりと伝えましょう。
    まずはポストにメモを入れます。
    その内容もひたすら「やんわり」とが基本。
     
    「いつもお世話になっております。実はこのところ〇〇様より少々音が響いてきております。
    お手数おかけし誠に申し訳ありませんがご配慮いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします」といった具合に。
    これで改善しない場合は次の手段へ進みます。
     

  • 管理人もしくは管理会社を通す
  • 賃貸にしろ分譲にしろ管理人や管理会社にとって「騒音」は、いつでも彼らの頭を悩ます問題です。
    しかしそれが「仕事の一つ」ということに間違いありません。
     
    騒音に迷惑していたら様子を見つつ、管理人や管理会社に状況を伝えましょう。
    騒音の様子をデータ化しておけば「迷惑加減」が分かります。

.

あまりにもひどい騒音の対処法

 
あまりにもひどく、尋常でない騒音については、ガマンは禁物。
管理会社、もしくは管理人や大家に相談しましょう。
しかし即行動に移してくれないことも多いのも事実。
もしなかなか解決しない場合、警察に相談した方が解決が早い場合もあります。
 
 
 

引越した方がいいこともある

 
騒音のストレスは私たちの安らぎの時間を簡単に奪います。
しかしどんな人にもそのような権限はありません。
 
もちろん簡単にはいかない場合もあるかと思いますが、もしストレスを感じる毎日であれば「引っ越す」ことも考えましょう。
「騒音の基準が違う人たち」と身近に暮らすのは無理なのです。
 
 
 

逆に「騒音の苦情」がきたらどうする?

 
騒音苦情
 
「自らが騒音の発信源」。これは実はあまり気づかないことが多いものです。
相手がもし激怒し怒鳴りこんできたり、また反対に穏やかに伝えてきたりなど、いずれにしても素直に謝ってしまう方が得策です。
 
「それほど騒音を出していないんじゃない?」と思われることもありますが、おそらく相手が神経過敏になり感情的になっていることが疑われます。
そんなときは当人同士で解決を図るより、第三者である管理会社に任せましょう。
 
 
 

静かな我が家こそ自然体

 
静かに過ごせるひと時は最高のリラックスタイムです。
しかし集合住宅や住宅密集地などでは、騒音は避けられないときもあります。
 
そんなとき「お互い様」という言葉があるようにお互いに「気づく配慮」が大切です。
「自分は騒音を出していない」かもしれませんが「もしかするとうるさくしているかも」と思うことも、近隣の住民たちとうまくやっていける秘訣です。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*